中日春秋書き写しノート

中日新聞 朝刊コラムの『中日春秋』を書き写す
これだけで全教科の学力アップの土台となります。

問題で何を問われているかを正確に把握する力や、解答の解説を適切に読み込む力の*涵養(かんよう)こそが、すべての強化の学力向上につながるからです。
また、中日春秋に書かれている「いつ・どこで・誰が・何を・どのように・どうした」といった5W1Hは、コミュニケーションの基本でありそこで得た有益な情報を基に、家族や友人と自分の考えを深めることができます。

「学ぶ」という言葉は、「まねぶ」(模倣)から来ていると言われています。
最高の教材を「まねる」ことから始めて、学力や人間力の土台を完成させてみませんか?

使い方はとても簡単♪

ノートは見開きで一日分。切り抜いた中日春秋をはる中日春秋を書き写す分からない語句を調べて書く考えた事感じたことを書く。使い方は自由ですので、もちろん書き写すだけでもOKです。「今日のわたし」の欄を日記代わりにしている方もいらっしゃいます。

ぜひ、気軽にはじめてみて下さい(*^▽^*)

中日春秋書き写しノートの使い方はこちらから

中日春秋書き写しノート体験談はこちらから

中日春秋書き写しノート活用法(学生さんへ!)はこちらから

中日春秋書き写しノート 1冊 約一ヶ月分 100円(税別)

お気軽にお電話ください。

*涵養(かんよう)…水が自然に染み込むように、無理をしないでゆっくりと養い育てること。